B型肝炎の給付金

近年世間を賑わせていた、B型肝炎給付金について。予防接種を受けたことが原因で集団感染を引き起こし、現在も尚、その爪痕を深く残している事件ですが、このB型肝炎給付金は、具体的にどのような方が貰うことが出来るのでしょうか?B型肝炎給付金についていくつかご説明をします。

注射まずB型肝炎給付金を受けられる条件として挙げられるのは、二パターンが挙げられます。一つは、集団予防接種による感染で、生年月日が1941年の7月~1988年1月の間で、満7歳までに、予防接種・ツベルクリン反応検査を受けた方、現在B型肝炎ウイルスに感染しており、それ以外の感染原因がない方が挙げられます。

二つ目は、母子感染で、母親が上記の、集団予防接種による感染のタイプの条件を満たしており、B型肝炎ウイルスに感染中、更に、母子感染以外の感染経路がないという方が、こちらのタイプに当てはまります。

このように、二つのタイプのどちらかに当てはまっているという場合、その肝炎の状況に応じた給付金が支払われるという判決が近年下され、給付金をもらおうと、多くの方がこぞって調査をしています。

貰える金額はその時に症状などによっても異なりますが、重度の場合ですと、3000万円以上もの大金が支給されることとなりますので、自分が対象者ではないかどうかをしっかりと確認して、必要に応じて申請を行う必要があると言えるでしょう。せっかくの給付金も、貰わなければ損になってしまいます。


▼関連記事▼

Pocket