B型肝炎の給付金を請求する方法は?

B型肝炎の給付金を請求する際には、自力で訴訟を起こすという方もいるかもしれませんが、手間暇労力や苦労を考えると、現実的ではありません。
給付金の請求をする際にはまず、弁護士に相談、依頼をすることが、最も効率よく、確実なやり方であると言えるでしょう。給付金を支給されるまでの流れについていくつかご説明をします。

相談まず、弁護士に相談をすることが大切です。自分が今置かれている状況や、自分のB型肝炎の様子、病院の診断書や生年月日が記入された証明書など、いくつかの証拠書類を集めて、裁判の手続き、裁判のセッティングを行っていく必要があると言えるでしょう。

次に、裁判がはじまった場合は、国相手に訴訟を起こし、和解策を提示していくことが必要になります。既に判例として、この件に関しては国が非を認めているわけなので、特にトラブルが起きることなく、裁判を進めることが出来ると言えるでしょう。可能であれば一人ではなく、他にB型肝炎ウイルスを発症している人と、一致団結をして訴訟を起こす方法も有りだと言えるでしょう。

裁判が終了後、和解手続きに入り、認められた場合は、給付金の支払いが行われる流れになります。ほかの給付金とは違って何かと手続きが面倒になりますので注意が必要でしょう。


▼関連記事▼

Pocket