B型肝炎給付金のシステムをしっかり利用

B型肝炎給付金のシステムをしっかりと理解し、請求期限内にしっかりと給付金を受け取るためには、出来るだけ早め早めに行動を起こすことが大切です。

書類集め給付金を申請するためにはまず必要書類を集めることが重要になりますが、必要書類もすぐに出せるものだけではなく、申請をしてから数週間、書類を出すまでにかかるという場合もありますので、事前にしっかりと用意を進めておく必要があると言えるでしょう。(もちろん早すぎてもダメなので、適度なタイミングでとりましょう)

そして、B型肝炎訴訟をする際には自力ではなく、弁護士に依頼をすることが大切です。弁護士へ依頼をすることで、確実に、スピーディーに物事を進めてくれますし、何より、必要書類の指示、必要な事柄などを全て指示してくれますので、その指示に従っていれば、簡単に用意をすることが出来ると言えるでしょう。
その分当然依頼料金はかかりますが、給付金が入りさえすれば全く大したことが無い金額のことがほとんどですので、けちけちしてはいけません。

このように、B型肝炎給付金制度は、出来るだけ早めに申告を行わないと、間に合わなくなってしまう可能性がありますので十分注意をする必要があると言えます。


▼関連記事▼

Pocket

B型肝炎の給付金を請求する方法は?

B型肝炎の給付金を請求する際には、自力で訴訟を起こすという方もいるかもしれませんが、手間暇労力や苦労を考えると、現実的ではありません。
給付金の請求をする際にはまず、弁護士に相談、依頼をすることが、最も効率よく、確実なやり方であると言えるでしょう。給付金を支給されるまでの流れについていくつかご説明をします。

相談まず、弁護士に相談をすることが大切です。自分が今置かれている状況や、自分のB型肝炎の様子、病院の診断書や生年月日が記入された証明書など、いくつかの証拠書類を集めて、裁判の手続き、裁判のセッティングを行っていく必要があると言えるでしょう。

次に、裁判がはじまった場合は、国相手に訴訟を起こし、和解策を提示していくことが必要になります。既に判例として、この件に関しては国が非を認めているわけなので、特にトラブルが起きることなく、裁判を進めることが出来ると言えるでしょう。可能であれば一人ではなく、他にB型肝炎ウイルスを発症している人と、一致団結をして訴訟を起こす方法も有りだと言えるでしょう。

裁判が終了後、和解手続きに入り、認められた場合は、給付金の支払いが行われる流れになります。ほかの給付金とは違って何かと手続きが面倒になりますので注意が必要でしょう。


▼関連記事▼

Pocket

給付金の請求期限は?

カレンダーB型肝炎ウイルスの給付金問題に関して、国が非を認めたことにより、多くの場合、該当する方に対しては、必要書類、裁判が行われたうえで、国との和解が成立した形になり、給付金が支払われるシステムとなっているのですが、この給付金システムも、申請期限がありますので、十分申請のタイミングに注意が必要です。

請求期限は現在、平成34年の1月12日までがデッドラインとなっています。この1月12日までに裁判もすべて終了し、審査も完了している必要がありますので、締め切り近くになってからようやく訴訟を始めてしまうとなると、せっかく申請をしたにも関わらず、デッドラインまでに間に合わずに、無駄なお金だけを支払う羽目になってしまったというケースが起こりかねません。

審査などには多くの方が申請をしていますので、当然ですが時間もかかります。さらには、必要書類を準備する時間もありますので、その分の時間を考えると、あくまで目安ではありますが、一年は最低でも見積もっておく必要があると言えるでしょう。

請求期限が伸びる可能性も無きにしもあらずと言えますが、こちらはあくまで希望的観測になりますので、出来るだけ期限内に確実に請求することが出来るように、早め早めに対策をする必要があると言えるでしょう。


▼関連記事▼

Pocket

B型肝炎の給付金

近年世間を賑わせていた、B型肝炎給付金について。予防接種を受けたことが原因で集団感染を引き起こし、現在も尚、その爪痕を深く残している事件ですが、このB型肝炎給付金は、具体的にどのような方が貰うことが出来るのでしょうか?B型肝炎給付金についていくつかご説明をします。

注射まずB型肝炎給付金を受けられる条件として挙げられるのは、二パターンが挙げられます。一つは、集団予防接種による感染で、生年月日が1941年の7月~1988年1月の間で、満7歳までに、予防接種・ツベルクリン反応検査を受けた方、現在B型肝炎ウイルスに感染しており、それ以外の感染原因がない方が挙げられます。

二つ目は、母子感染で、母親が上記の、集団予防接種による感染のタイプの条件を満たしており、B型肝炎ウイルスに感染中、更に、母子感染以外の感染経路がないという方が、こちらのタイプに当てはまります。

このように、二つのタイプのどちらかに当てはまっているという場合、その肝炎の状況に応じた給付金が支払われるという判決が近年下され、給付金をもらおうと、多くの方がこぞって調査をしています。

貰える金額はその時に症状などによっても異なりますが、重度の場合ですと、3000万円以上もの大金が支給されることとなりますので、自分が対象者ではないかどうかをしっかりと確認して、必要に応じて申請を行う必要があると言えるでしょう。せっかくの給付金も、貰わなければ損になってしまいます。


▼関連記事▼

Pocket