給付金の請求期限は?

カレンダーB型肝炎ウイルスの給付金問題に関して、国が非を認めたことにより、多くの場合、該当する方に対しては、必要書類、裁判が行われたうえで、国との和解が成立した形になり、給付金が支払われるシステムとなっているのですが、この給付金システムも、申請期限がありますので、十分申請のタイミングに注意が必要です。

請求期限は現在、平成34年の1月12日までがデッドラインとなっています。この1月12日までに裁判もすべて終了し、審査も完了している必要がありますので、締め切り近くになってからようやく訴訟を始めてしまうとなると、せっかく申請をしたにも関わらず、デッドラインまでに間に合わずに、無駄なお金だけを支払う羽目になってしまったというケースが起こりかねません。

審査などには多くの方が申請をしていますので、当然ですが時間もかかります。さらには、必要書類を準備する時間もありますので、その分の時間を考えると、あくまで目安ではありますが、一年は最低でも見積もっておく必要があると言えるでしょう。

請求期限が伸びる可能性も無きにしもあらずと言えますが、こちらはあくまで希望的観測になりますので、出来るだけ期限内に確実に請求することが出来るように、早め早めに対策をする必要があると言えるでしょう。


▼関連記事▼

Pocket